スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユリネのおかゆ

急に、白いおかゆを食べたくなり
朝から昆布と椎茸の出汁で弱火でコトコト。
白いつながりでふと思いつき、
ユリネを入れてコトコト。
途中で、鍋底にお米がくっつかないように
時々くるりとかき回し1〜2時間で出来上がり。
お米の花が咲いて、白くてきれい。
仕上げに藻塩をひとふり。
(食べてみたら、出汁で炊かず
 お水だけで炊いた方がお米の甘みが際立って
 良かったのかも〜次回試してみよっと。)

おかゆのお供に
○先日鍋のつけたれに使った、梅醤油のソース。
(梅のペーストに椎茸粉&昆布粉を入れてかき回し、
 醤油を少しずつ入れてのばしたソース。
 今日のおかゆに、このソースが一番美味しかった〜)
○マクロビ商品の鉄火味噌。
 (値段がはるけど、健康食品屋さんにあるよ〜)
○京都のお漬け物屋さんの初物の
 日の菜の浅漬けのみじん切り。
(滋賀県産の日の菜を塩と米酢で漬けたもの。
 根の部分は蕪や大根系、葉っぱは紫がかった緑色、
 蕪、大根系の味がしつつ、少しほろ苦い大人な漬け物。
 成城石井さんにあるよ〜)

お米がふっくらとろ〜り、ユリネがほこほこ
体が温まります^^)
ユリネのほこほこ、好きです。

私の中では、
ユリネは料亭の高級食材のイメージで、
めったに食べれない食材だったけど、
最近、西荻の野菜屋さんに
1個100〜150円位で売っています。
あれれ〜!庶民的なお値段!?少し吃驚。

うきゃー!っと飛びついて2〜3個購入したら、
お店の方が、
「おがくずに入れて野菜室に入れれば1ヶ月くらい保つよ!」
っと、沢山おがくずをくださいました〜やさしい^^)

真空パックのユリネも違う野菜屋さんで
見つけて買ったけど、こちらは1週間強位で
ユリネの色が変わって来た。
保存は、やはりおがくずの方がよさそう〜〜

そんなこんなで、食べ終わって30分、
胃腸も気分も「ほっこり」^^)〜33

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。