スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

珈琲フィルターはどっち派?

先日、なじみの珈琲豆店に行ったら、
紙のフィルターが安くなっていた。
いつもは無漂泊の茶色いのを買うのですが、
店員さんが、
無漂泊のフィルターと漂泊された白いフィルターとでは
珈琲の味が微妙に違うんですよ!
っと教えて下さり吃驚。
どうしても試したくなり白いフィルターを購入。
珈琲を入れてみると、

無漂泊の茶色いフィルター>珈琲がまったり、もわっとした柔らかい珈琲
(店員さんいわく、かなり微妙ですが紙の臭いがする?感じ)

漂泊の白いフィルター>口当たりがスッキリ軽く、切れ味がいい珈琲
(店員さんいわく、スッキリ飲めます。店員さんは白いフィルター派)

で、フィルター1つでホントおもしろいな~なんて思いつつ、
どちらも捨てがたい感じ。

きっと白いフィルターは、漂泊した時に若干目がつまり、
きっちり濾過できるからのかな...水道水?
茶色いフィルターは、目がつまって無いので雑見?(←といっていいのか?)が出て
温泉みたいな感じになるのか?口当たりが柔らかい。

な~んて勝手な分析しつつ、
その日の気分で使い分けています。
豆乳ラテにする時は、豆乳が牛乳よりとろっとしているので、
白いフィルターで珈琲をスッキリいれ、
牛乳ラテの時は、まったり飲みたいので、茶色いフィルター。

さて、明日はどちらのフィルター?
皆様は、どっち派?

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。